本日 3648 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2910035 人
  • 記事検索

RSS

GW全国の山で18名死亡

 ゴールデン・ウィーク期間中、全国の山の事故で18名が亡くなられたようだ。そのうち長野県内では4名が亡くなっている。

 信濃毎日新聞によると、
 4月26日から5月6日の間の連休中に、全国で発生した山岳遭難事故で少なくとも18名が亡くなっているとのこと。

 死亡者の状況は、青森、福島県で山菜取りで男女各1名、山形県飯豊山、神奈川県大山、富山県剣岳、雄山、富士ノ折立、岐阜県川上岳、涸沢岳、静岡県富士山の各1名の計14名と、長野県内の奥穂高岳の2名、北穂高岳、白馬岳、赤岳の各1名の4名 合計で18名となったと伝えている。

 また、長野県内の遭難件数は15件で、4名の死亡者のほかけが人が7名出ているとのことです。(N)


関連記事
長野県が御嶽救助活動写真を公開 (10月09日)
黒部五郎岳で滑落 (08月05日)
また高校生遭難事故 (08月04日)
飼い熊に襲われた死亡 (10月15日)
NZの救難信号米国で受信 (08月06日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):