本日 438 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2756327 人
  • 記事検索

RSS

防衛大山岳部 涸沢岳で2名滑落死

 本日(5日)、涸沢岳で防衛大学山岳部の男性部員と顧問の男性が滑落し、死亡が確認された。

 岐阜新聞によると、
 5日午前6時15分頃、北アルプス涸沢岳(3,110m)の標高2,200m付近の尾根から、防衛大学校山岳部の19歳の男性部員が滑落し、その後、救助しようとした顧問の29歳男性職員も滑落した。

 二人は、岐阜県警ヘリに約300~400m下の沢で救助されたが、死亡が確認された模様。

 防衛大学山岳部は、部員6人と顧問ら3人の計9人で、岐阜県新穂高温泉から3日に入山し、4日に奥穂高岳に登り、今日、下山途中に事故にあったようだ。

 昨日は、富士山で滑落した人を救助しようとした男性が滑落し、行方不明(5日も救助できず)となる二重遭難が発生している。
 今回の顧問の滑落は、顧問という立場と責任感で行われた救助だったのでしょうが、本当に痛ましい事故です。心からご冥福をお祈りします。(N)


関連記事
哀悼 岐阜県消防防災ヘリ「若鮎Ⅱ」 (09月11日)
阿弥陀岳で雪崩3人巻き込まれる (03月16日)
スキー国体予選の審判重体 (01月28日)
今年は大学山岳部の遭難多発 (12月15日)
信州の夏山遭難 死者11人  (09月02日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2014/05/07 20:30
亡くなられた29歳の職員は、長野県伊那市出身の自衛官ということです。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):