本日 1248 人 - 昨日 6138 人 - 累計 2591774 人
  • 記事検索

RSS

川上岳、大山で滑落死亡事故

 昨日(4日)、岐阜県の川上岳では男性が滑落し死亡。また、神奈川県の大山でも男性が滑落し死亡している。

 日本経済新聞によると、
 4日午後2時40分頃、岐阜県下呂市の川上岳(1,625m)の980メートル付近の登山道で、岐阜市の65歳男性が約70メートル滑落し、搬送先の病院で死亡が確認された。
 警察によると、男性は仲間2人と同日午前8時50分頃入山し、下山中に足を滑らせたとみられるとんこと。

 産経ニュースによると、
 4日、神奈川県伊勢原市にある大山(1,250m)のハイキングコースで、海老原市の67歳男性が5歳の孫と滑落し、男性が死亡、孫は左足骨折の模様。

 全国で山岳遭難が多発しています。皆さんくれぐれも注意してください。標高の高い山では、まだまだ雪が多く残っています。昨日登った黒湯山(2,007m)でさえ、多いところでは2mの残雪があったと思います。アイゼン(10爪以上)とピッケルなど、冬山装備を準備しあんぜん登山に心がけましょう。(N)


関連記事
御嶽山の捜索で1人の遺体見つかる (07月31日)
春山講習中の高校生を雪崩直撃 (03月27日)
易老岳で男性病死か (08月04日)
仙丈ヶ岳で男性病死か (09月16日)
前穂落石事故の山岳会がコメント (05月26日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):