本日 2088 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2993919 人
  • 記事検索

RSS

穂高連峰で滑落相次ぐ

 4月28日、北穂高岳で女性が滑落し死亡した。また、奥穂高岳では男性が滑落したが、ヘルメットを着用しており軽傷で済んだ模様。

 信濃毎日新聞によると、28日午前10時頃、北アルプス北穂高岳(3,106m)の北穂高沢付近を、夫婦で登山中の大阪府在住の64歳の女性が約200m滑落し、県警ヘリで病院へ搬送されたが死亡が確認された模様。

 女性は、落ちた付近で居合わせた別の団体により、心肺蘇生をされ、アマチュア無線で救助要請されたという。

 同じく北アの奥穂高岳(3,190m)では、28日午後0時半ごろ、ザイテングラード付近を下山中の茨城県在住の69歳男性が約200m滑落し、県警ヘリで救助され病院に搬送された模様。ヘルメットの着用により軽傷で済んだとみられている。
 27日付ブログで掲載したとおり、奥穂高岳では、26日にも滑落し一人が亡くなる事故が起きたばかり。

 長野県警では、昨年から、北アルプス登山におけるヘルメットの着用の必要性を訴えている。
 平成24年の夏山登山(7月8月)で、けがをした117人のうち、約四割の30人が頭部を負傷したという数字が出ているらしい。
 今回の奥穂高岳のケースのように、ヘルメットの着用が生死を分けるかもしれませんね。(N)
 


関連記事
止まらない高齢者の遭難 (10月07日)
富士山で滑落の救助隊員ら2人救出 (04月22日)
黒部五郎岳で遭難騒ぎ (09月09日)
白馬大雪渓で雪崩1人不明 (04月28日)
7月の遭難43件で平年並み (08月03日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):