本日 1907 人 - 昨日 4120 人 - 累計 2775680 人
  • 記事検索

RSS

連載「あんぜん登山の最前線」

img003.jpg 本格的な春山シーズンを前に、信濃毎日新聞が「あんぜん登山の最前線」の連載を再開した。

 連載の「上」は、二年前の白馬岳付近で起きた6人パーティーの死亡事故を取り上げている。
 
 この事故は、九州の60代から70代のパーティーが、2泊3日の予定で栂池高原から入山し栂池ヒュッテで泊り、翌日、白馬山荘に向かう途中で消息を絶った。翌日、白馬岳と小蓮華山間の尾根で低体温症で死亡している6名が見つかったもの。

 記事は、この遭難や2009年のトムラウシの遭難の教訓から、春山でも三千メートル級の山では天候が一変し、真冬のような吹雪となることもあるので、「後戻りのポイント」(計画は臆病なくらい)、「低体温症への備え」が必要と訴えている。(N)


人気ブログランキングへ


関連記事
「ココヘリ」は捜索活動を変えるか (07月11日)
熱中症昨年の3倍 (07月14日)
「藤井フミヤの山に登りたい2」良かったよー (06月08日)
黒部ダム完成50年 (01月09日)
市民講座「岳問のすすめ~信州の山に学ぶ」 (04月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):