本日 207 人 - 昨日 2940 人 - 累計 3003882 人
  • 記事検索

RSS

「山岳遭難防止」の政府広報

政府広報 昨日読売新聞の1面突出し広告に「山岳遭難防止のポイントです!」の文字を発見した。

政府広報といえば山火事防止や交通事故防止などは一般的な生活者に広く呼びかけるものが一般的。これはめずらしいなあと思って政府広報のHPにアクセスしてみた。すると昨日4月21日に読売新聞、きょう4月22日は北海道新聞、東京・中日新聞、西日本新聞に掲載とあった。どうして朝日や毎日に載せないのかは別問題として、過去の政府広報をチェックしてみたが、昨年同時期を見ても遭難防止の広報は見当たらない。やはり最近の中高年による遭難事故が急増を踏まえたものだろう。特にこれからGWをはさんで5月上旬の中高年による山岳事故がきわめて多いとのこと。
わかっていても、何があるかわからない。(落とさないと思っていても●●●●を落とすこともある!)
当たり前のことばかりですがもう一度確認しておきたい。政府広報遭難を防ぐ3つのポイント
(山岳遭難防止をテーマに政府広報ラジオ番組も今週末全国各地の民放ラジオ局でオンエアされるようです。



関連記事
登山費用月3万円以上1割 (03月11日)
クマ大量出没の可能性低い (09月23日)
群馬県もグレーディング作成へ (01月07日)
涸沢ヒュッテ小屋明け準備始まる (04月18日)
南ア林道バス12日開通 (05月31日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):