本日 2025 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1826110 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

45年ぶりの鴨ヶ岳

画像今日は午後から仕事になってしまい斑尾山行は延期となったが、なんだかそわそわする。早起きしたし、天気もいいし、桜も見ごろだし、北信五岳も撮影できるし、まだ今シーズンのキックオフ登山していないし、・・といろいろ大義名分を重ねて4時間で確実に登ってこれる中野市の里山・鴨ヶ岳に行こうと思い立った。(左下の桜が見えるところが東山公園、左奥が箱山です)

東山公園はおそらく中学校以来40年ぶり。さらに鴨ヶ岳といえは確か保育園で登った記憶が急に甦ってきた。確かだとすれば生まれて初めて登った山は鴨ヶ岳で、実に45年ぶりだ。
画像さて東山公園の桜は期待通り満開だった。子供の頃はここの桜しか見たことがなかったが、今見るとこじんまりした花見スポットだ。
そしてここから登り始めて約40分で鴨ヶ岳に到着。ところが北信五岳はまったく見えない。画像しばらくして週2~3回登っているという市内の60歳男性が到着し「ここ最近はまったく見えないよ~。中国の黄砂かPM2.5のせいだよ」と絶望的な情報。ただ下界は結構遠くまで見渡せたので実家の方向を撮影しておいた(家で拡大したらきちんと実家が映っていた)。
画像そのあとも60代夫婦が登ってきた。みんなでしばらく話をしていたら「この間、ひよこ保育園の子供たちが元気に登ってきて・・・」との話。やはり自分の保育園で登った記憶は正しいようだ。この山が人生最初の登山コースと確信した。まさに鴨ヶ岳こそ今シーズンのキックオフ、いや第2の人生スタートにふさわしい登山ではないか!などと我ながら感心していたら10時を過ぎてしまったので自分だけ先に帰路へ。帰りは別ルートを選択した、午後の仕事に間に合うように下りを急いだが・・・、その後最悪の事件が起きた!(続きは後日報告します)

★さてこの鴨ヶ岳山行の詳しい山行記録はヤマレコへどうぞ!


関連記事
荒船山 ぶらり山歩 (11月02日)
天狗岳の眺望は最高です (07月26日)
活火山「焼岳」を踏破 (07月14日)
蝶ヶ岳より穂高連峰を望む (07月28日)
連休の締めくくりは金峰山 (07月21日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):