本日 1409 人 - 昨日 3094 人 - 累計 1646061 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

赤岳で転倒し怪我

画像 長野県警の発表によると、4月12日、単独で八ヶ岳連峰赤岳から下山中の愛知県在住の28歳男性が転倒し、左足首捻挫等の怪我を負ったと他の登山者が救助要請。
 県警ヘリにより救助され茅野市内の病院に収容された模様。

 赤岳では、4月6日に38歳男性が滑落し骨折の重傷を負ったばかり、赤岳の共通点は、事故を起こした方は中高年ではないということです。

 ワンダーフォーゲルの12月号の特集「雪山登山がわかる本」に、赤岳の記事が載っていた。注意点として、①低温と風に注意、②アイゼン、ピッケルは必携、③確実なアイゼン歩行技術が必須となっている。
 
 山頂直下は、岩と雪のミックスで足場をよく見て確実に歩こうと。

 冬の赤岳は美濃戸口が登山口となるが、途中には亡くなった野田賢さんが働いていた「赤岳鉱泉」があるのは偶然でしょうか。(N)


関連記事
北穂高岳で千葉の男性が滑落 (09月12日)
NZ遭難1カ月山小屋で保護 (08月28日)
山岳遭難件数の読み方 (08月21日)
三重宮川で遺体発見不明の釣り人か (08月30日)
群馬小至仏山で二人遭難 (02月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):