本日 1764 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3178245 人
  • 記事検索

RSS

シナノが「落ちにくい先ゴム」開発

IMGP3501.JPG シナノが、登山用ポールの先端につけるゴムの新製品「落ちにくい先ゴム」を発表した。

 シナノと言えば、長野県が誇るポールメーカーだ。株式会社シナノの本社は佐久市にある。スキー部時代には、シナノのスキーポールを愛用していたもの。

 さて、本題の新製品ですが、本来先ゴムは登山道の自然を保護するために装着されているわけだが、時折外れてしまい山道に置き去られてしまうケースが以前から発生していたという。ゴムは自然に還らない合成ゴムのため、シナノは積極的に取り組むべき環境に対する課題と考え検討を重ね、脱落防止形状を盛り込んだ『落ちにくい先ゴム』の新たに開発したということだ。
 
 『落ちにくい先ゴム』は、今春より販売するシナノのトレッキングポールの全商品に標準装備するということ。
 単体でも4月1日より販売が始まっているようだ。(N)


関連記事
百年前の装備・持ち物 (01月21日)
植村直己氏が愛用したザック (11月25日)
ザック5つ以上持っている人25% (05月26日)
スキーの歴史 (02月02日)
モンベル「長野店」オープン (04月04日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):