本日 2244 人 - 昨日 2972 人 - 累計 1661095 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

須坂は桜の名所

全国ニュースはここしばらく桜の開花情報で持ちきりでそろそろ落ち着き始めたが、信州ではまだまだこれからだ。噂によると今週11日が長野市の開花予想日だそうだ。
ところで我らが須坂・高山あたりは知る人ぞ知る桜のメッカなのである。まずは何と言っても「日本さくら名所百選」に選ばれているこの写真、どこかお分かりでしょうか?
画像

いまやすっかりお馴染みなった須坂市・臥龍公園です。
もともと桜は凄かったけど、我々の高校時代はただそれだけ。花見のメッカではあったけど周辺住民が大勢遊びにくる程度だった。
今のように昼も夜も大勢の人が来るようになったのは、1990年、この「さくら名所百選」に選ばれて以降だろう。1970年代後半、須坂高校山岳部が毎年「臥龍山ボッカ訓練」を行っていたのはこの桜が咲いている時期までで、新人を連れて先輩面でトレーニングに来たもんだ。キスリングに石ころを30㎏程度詰め込んで頂上を往復して帰りは団子も食べず、ただデート中の高校生カップルを横目に見ながら帰った記憶がある。カップルなんかとすれ違う時がとても恥ずかしさを味わう最大の難所で、おそらくは「カップルは何やっているんだろうね、汚いザックだね」くらいのことを会話していたんだろう。うぶな新人のショックは相当なもんだっただろう。それとは関係ないのだが山岳部の年間唯一のボッカ訓練はちょうど桜が散る頃には終わってしまい、あとはひたすら新人が辞めないように部室で和気あいあいと過ごし、時にはスキー部とソフトボールや将棋などをしながらわいわいと遊んでいただけだった。ちなみに筆者は高校時代に臥龍山頂の1日7往復とした記憶があり、おそらくいまだに誰にも破られていないと自負している。

ところで「ウィキペディア」のさくら名所百選に載っている臥龍公園の写真が非常にめずらしいアングルなので皆さんに紹介したい。
日本さくら名所百選
なんと臥龍山から眺めた臥龍公園の写真なのだ。しかもその中央奥にはわが母校がしっかりと写っており、その奥の山々が北信五岳のうちの三峰(右から斑尾、妙高、黒姫)だ。
また、この写真の左側にはハッチで有名になった「須坂動物園」もある。

今回紹介したいのはこの臥龍公園の桜ではなく、千曲川東側一帯のあちこちに佇む一本桜だ。このサイトを見るとわかるように須坂・高山エリアの桜マークはダントツに多い。長野地域の桜
しかも樹齢の長い一本桜に実に味のあるものが多い。きっと春を待ち焦がれる信州の里山では「桜」は春の象徴としてどれも地元で長く大切にされてきた証拠だろう。

この春は上越国境や北信五岳登山の帰り、ぜひぐるっと桜見物でひと回りもいいかもしれない。遠く望む残雪の山々と桜のコントラストは実にいいもんだ。


関連記事
夏の終わりに「ふうせんカズラ」 (08月29日)
これは「アオの寒立ち」 (01月02日)
信州のスキー場相次ぎオープン (11月29日)
今日はひな祭り (03月03日)
信州の春は近づいたか (02月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
 高山村の1本桜6本は、長野県で唯一、景観法に基づく重要樹木に指定されています。
 詳細は、高山村のHPをご覧ください。 
http://www.vill.takayama.nagano.jp/fun/formation/tree.html

| 高山村民 | 2014/04/10 08:22 |
 竜ケ池のボートの貸し出しも先週から始まったらしい。アベックのボートはやはり手漕ぎが良い、向かい合ってボートを漕ぐことができる。1時間400円は価値がある。夜桜をボートから見てみよう。
| スキー部員 | 2014/04/09 23:00 |
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):