本日 1765 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1825850 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

二つの「山の日」

 3月28日、超党派の国会議員が、8月11日を「山の日」とする祝日法改正案を衆議院に提出した。この法案が成立すると「山の日」が祝日となる。

 今回提出された法案では、山の日の意義を「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」とし、8月11日を「山の日」に定め祝日とする。施行は平成28年。

 しかし、長野県は今年2月、7月の第4日曜日を「信州 山の日」と定めた。また、7月15日から8月14日までの1ヶ月間を「信州 山の月間」とした。長野県以外でもいくつかの県で、独自の山の日を定めている例がある。

 この法案が成立後、何となく紛らわしくなるような気がします。皆さんはどう思いますか。

 それはともかく、勤め人にとって祝日が増えるのは大変うれしいこと。是非、法案が早期に成立することを願います。(N)


関連記事
地上から救助する機会が増える (04月14日)
山グレーディング山梨・静岡・新潟も (05月16日)
信州の山岳で越年 (12月30日)
170指定山岳で登山届義務化 長野 (02月15日)
上高地音楽祭はタケカワ・ユキヒデさん (06月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
[1] ひ | 2014/04/03 00:11
8月11日か~。そうなると平日ということもあるわけで、1日だけ休みとなっても真夏に何しようってこともない・・・。なるほど山でも行って避暑しようってことなんでしょう。ちなみに一番喜ぶの人は和歌山県日高郡日高川町かもしれません。ここにはまさに標高811mの矢筈岳があるので一気にミレニアム登山と称して町おこしをするしかないのであります。日高川町の皆さん、さあ準備スタートです。(どんな山か知りませんが・・・)
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):