本日 1266 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2049355 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

山の高さが変わる

国土地理院.png 3月26日、国土地理院が山の高さを4月1日から変更すると発表した。南アルプスの「間の岳」が3位(奥穂と同)に浮上する。

 国土地理院は、GNSS測量等の新たな測量技術により再測量した結果、「日本の山岳標高一覧 -1003山-」の標高値(m単位)を4月1日に改定する。

 これにより、1003山のうち48の山で+1m、39の山で-1m標高が変わる。

 標高が変わる主な山は、次のとおり。
 なお、長野県に関係する山で低くなる山はない。詳細は、国土地理院のHPをご覧下さい。(N)

《高くなる山》間ノ岳3,190m、赤石岳3,121m、荒川岳3,084m、三沢岳2,847m、蓼科山2,531mなどが、1m高くなる

《低くなる山》安達太郎山1,709m、飯森山1,595m、箱根山1,212mなどが、1m低くなる
  ※標高は改定後の高さ


関連記事
第16回全日本山岳スキー競技大会 (01月31日)
信州へのスキー客は微増 (07月10日)
黒湯山で春スキー (05月01日)
あの滑落女子高生次はエベレスト目指す (02月28日)
立山室堂積雪75センチ (11月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):