本日 292 人 - 昨日 2475 人 - 累計 2216218 人
  • 記事検索

RSS

春高伊那駅伝で須坂高健闘

 昨日、伊那市を会場に行われた春の高校伊那駅伝(兼高校新人駅伝)で、県内高校の部で我が須坂高女子が4位、男子が11位となった。

 今年の大会は、男女合わせて全国から約200校が出場し、男子は三重の伊賀白鳳が、女子は大阪薫英女学院大が優勝した。県勢は、女子の長野東が1区で出遅れたものの総合4位と健闘、男子の佐久長聖は不振で20位だった。

 須坂高校の陸上部顧問は、会長とは同級で、私とはスキー部の同期だったMが務めている。彼は、自らも走るのが好きで、高校時代からずっと走っている(いまだに臥龍公園付近を毎朝走っているという目撃情報もある)。若いころは県縦断駅伝の名ランナーでもあり、確か5000mの40代県記録保持者だということを聞いたことがある。

 Mが着任してからというもの、母校の陸上部は着実に力を付け実績を残すようになった。近い将来、駅伝をはじめ陸上界に旋風を巻き起こすかもしれない。(N)


関連記事
須坂2回戦突破 (05月02日)
須坂 篠ノ井に惜敗 (05月03日)
須坂は更農に惜敗 (09月06日)
インターハイ続報須坂勢のクラシカルは (02月07日)
須坂は北信3位で県大会へ (05月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] ひ | 2014/03/26 00:07
偶然にもその立役者M君から本日電話があり、今年の盆休みに我が2組はクラス会をやることになりましたよ。8月16日(土)が有力!
(いけね、駅伝の活躍言いそびれた・・・)
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):