本日 1263 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2049352 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

信毎「あんぜん登山の最前線」

NO1.jpg 信濃毎日新聞が3月11日から16日の間、「あんぜん登山の最前線」という連載を行っていた。ご覧になりましたか。

 この連載は、現在の登山ブームにおける安全な登山の必要性をしっかり訴えていたと思う。今月は、冬山での遭難事故が相次いだが、この記事は警鐘を鳴らしていたはずなのだが。

 初心者でも、経験者でもちょっとした気の緩みや過信によって重大な事故となることを、実際にあった遭難の取材から検証している。
 また、遭難対策等に係る関係者からのアドバイスもあり、大変参考となった。

 番外編(3/16)で、松本蟻ケ崎高校教諭の雪崩による死亡から25年という記事が掲載されていたが、時の経つのは早いですね。(N)


関連記事
涸沢岳滑落の男性は都内の大学生 (10月12日)
湯沢でボーダー2人不明 (01月11日)
信州山岳緊急事態 遭難死者1日で3名 (08月08日)
朝日岳で4人救助待つ (07月19日)
栃木日光で男性遭難か (04月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
[1] ひ | 2014/03/25 07:35
この記事、興味があって信毎HPをチェックしてみたら、まとめて紹介されていました。
非常に興味深く、また戒めになります。
http://www8.shinmai.co.jp/yama/
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):