本日 647 人 - 昨日 2729 人 - 累計 3001382 人
  • 記事検索

RSS

毛無峠と小串鉱山

DSC01674.JPG 先月、NHK番組で「足尾から来た女」というドラマが放映されていた。足尾と言えば「足尾銅山」とその公害が有名だが、高山村の隣村群馬県嬬恋村にも廃鉱となった「小串鉱山」(左写真)がある。

IMGP0953.JPG NHKの解説によると「足尾から来た女」は、明治末、栃木県谷中村が、足尾銅山の鉱毒により田畑が汚染され、最終的に、国に村を捨てるように命じられ強制執行されてしまう。この谷中村出身で、社会運動家宅の使用人となった女の物語とのこと。足尾銅山の公害問題は、中学校時代に社会科の授業で学んだ記憶がある。
 しかし、足尾のような大きな公害問題とはならなくても、身近なところに廃鉱となった硫黄鉱山がある、それが「小串鉱山」だ。
 長野群馬県境の毛無峠から、群馬県側を見下ろすと廃墟となった小串鉱山の建物が見える。この鉱山で採掘さらた硫黄は、リフトで高山村内に運搬され、長野電鉄須坂駅まで運ばれ貨車に積まれ県外へ運送された。毛無山山腹には、今も往時の運搬用リフトの鉄塔(写真)が残ったままだ。御飯岳や破風岳山行の際は、注意深くご覧ください。小串鉱山については、またいつか特集をします。乞うご期待。(N)


関連記事
高谷池ヒュッテ周辺残雪2m (04月29日)
登山家田部井淳子さん逝く (10月23日)
中ア駒ヶ岳ロープウェイ運休情報 (06月04日)
無届登山者に5万円の過料 (04月07日)
写真展「八ヶ岳」開催中 (02月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):