本日 2453 人 - 昨日 4530 人 - 累計 2767671 人
  • 記事検索

RSS

五年前の上海

2009_0118_151950-DVC00128.JPG 最近の中国は、大気汚染が著しいと報道されているが、私は5年前の1月に上海へ渡航している。(写真左:豫園)

2009_0118_111047-DVC00118.JPG 上海は、2009年1月の渡航が二度目であったが、大気汚染については、さほど気にするほどでもなかったと思う。しかし、飛行機の窓から見えた上海の海は、かなり茶色く濁っていたと記憶している。
 また、上海郊外の観光名所の水郷の水は、かなり淀んでいたように思う(写真右)。この当時より、今はもっと公害が進んでいるのでしょうか。最近、日本でもPM2.5の数値が高い日が見られ、中国の大気汚染の影響が日本に及んでいると言われるが、今後の対策がどのようになるか成り行きが気になりますね。(N)


関連記事
小型飛行機また事故 (10月09日)
私立校模試「富士登山に必要な物」は (11月26日)
停電の原因はサルの感電 (11月12日)
アクセス件数200万件突破 (01月31日)
90000アクセス達成 (01月28日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):