本日 355 人 - 昨日 3120 人 - 累計 1981824 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

百年前の装備・持ち物

 今から百年前、西駒ヶ岳登山をした当時の中学生の装備(服装)や持ち物はどんなだったか、皆さんは想像がつきますか

 1913年に遭難した中箕輪高等小学校の生徒の服装や持ち物は、新田次郎の小説「聖職の碑」に詳しく書かれている。それは次のとおり。
 股引(ももひき)、脚絆(きゃはん)、草鞋二足、袷着物、雨具(ござ)、合羽、麦藁帽子又は笠、真綿五枚、冬シャツ一枚、手拭、鼻紙、紐一筋、手帳、鉛筆、小刀、宝丹又は仁丹、杖、食糧六食、スルメ又は鰹節、氷砂糖、水筒、地図となっている。この装備で暴風雨に耐え生き延びた生徒もいたわけです。今では考えられませんね。(N)


関連記事
登山者の位置がわかるアプリ誕生 (04月04日)
足がつる人におすすめの薬 (08月21日)
スノーシューのレンタル (01月24日)
奥志賀の石井スポーツに立ち寄る (02月26日)
早くもスキー用品が店頭に (09月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):