本日 1230 人 - 昨日 4080 人 - 累計 2479747 人
  • 記事検索

RSS

浅間山の大噴火

IMGP1472.JPG 今年、活火山浅間山に登ってきた。正確には、登山規制のため外輪の前掛山までの山行であるが、登るなら規制レベル1の今がチャンスである。
 浅間山は、今から230年前の1783年天明3年に大噴火した。この「天明の大噴火」での死者は総勢1600名以上。特に旧鎌原村(現嬬恋村)を襲った火砕流は甚大な被害をもたらした。(N)

IMGP1415.JPG 鎌原村は火砕流と土砂に襲われ、住民597人の内466名が亡くなり生存はわずか131名との記録がある。
 この生死を分けたものは石段数段だったことが、1979年の鎌原観音堂の発掘調査でわかった。この石段を駆け上った者は助かり、逃げ遅れた者は石段の下で息絶えた。ここでは石段の下で母を背負った母娘の遺体が発掘されたのだ。
 追伸:有名な「鬼押出し園」もこのときの噴火による溶岩流でできたもの。


関連記事
長野県内の遭難件数前年を上回る (01月05日)
岐阜バックカントリースキーで男性不明 (02月12日)
白沢天狗山スキーの男性の死亡を確認 (02月16日)
御嶽山調査隊は10日有力 (06月08日)
「聖職の碑」から百年 (12月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):