本日 1437 人 - 昨日 3412 人 - 累計 2319199 人
  • 記事検索

RSS

「聖職の碑」から百年

 1913年大正2年8月、中箕輪尋常高等小学校(現在の箕輪中学校)の赤羽校長と生徒10名が命を落とした駒ヶ岳学校登山事故から今年で100年。(N)IMGP0739.JPG
(写真は一行が辿ったルート。左手が西駒方向、右手が将惎頭山)

 この事故は、新田次郎の小説「聖職の碑」の題材となったことで有名。急に動き出した台風による天候の悪化と、泊まるはずの「伊那小屋」が焼失していたことで、真夏に低体温症で11名が亡くなるという痛ましい遭難事故。
 今年9月、慰霊の意味も込めて西駒に登ったものの、彼らが歩いたルートではなくロープウェイを利用したもの。今は誰でも簡単に登れるようになった。この惨事を期に建てられた「西駒山荘」も来年にはリニューアルとなるので、次は同じコースを辿り慰霊碑にも手を合わせたい。


関連記事
不可解な志賀高原の落石事故 (07月23日)
モンブランで日本人遭難か (08月12日)
またまた御嶽山で遭難? (04月13日)
立山でそり滑りで骨折 (05月02日)
男性が熊に襲われ亡くなる (05月21日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):