本日 172 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3176653 人
  • 記事検索

RSS

笠岳のこと

 先週の高社山頂からもそうだったが、笠岳という山はなぜか気になる山だ。どこからも見えて、しかもその独特の山容からすぐに見つけらるる。

 だいたい山好きなんて人間は、尖っていような丸かろうが高かろうが低かろうが”目立つ”山には無性に登りたくなるものだ。笠岳もその一つだ。

 その笠岳だが、リンクの信州百名山見ていたら「笠ケ岳」となっていたので、笠岳か?笠ケ岳か?おそらく世間の人にはどうでもいいことを調べていたらとってもマニアックなサイトを見つけた。

 高山村の山から花からすべて紹介されている。そしたらのぶさんが登ったという山もたくさん解説されていた。(結構おもしろい・・)
 
 おそらく久保に住んでいる方が作ったサイトのようだが、和田じゃないことだけは確かだと思う。

http://www.okadanouen.com/takaino/kasadake.html

ところでこのサイトに笠岳の開山祭が6月13日とあった。ということはそれまでは無理ってことか~?(ひ)


関連記事
信州登山案内人28名合格 (07月24日)
聖岳登山道へ土砂流出し一時孤立 (08月13日)
岐阜県山のグレーディング (03月24日)
「山岳遭難防止」の政府広報 (04月22日)
山に登るトレーニングは何? (11月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 名無し | 2013/11/23 18:03
 笠岳は、真冬でも、登山、山スキーで登る人がいるみたいだ。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):