本日 1484 人 - 昨日 2475 人 - 累計 2217410 人
  • 記事検索

RSS

ドキュメンタリー「生還」

 IMGP2133.JPG遭難による死者は、長野県が全国一である。それは人を引き付ける山々が連なるからでもある。本書は、遭難し命からがら救助され生還した人たちのドキュメンタリーである。生死を分けたものは何か。本書の八つのケースの教訓として、①事前に登山計画書を提出する。②しっかりした装備。ツエルト、火、ストーブ、非常食は必携。③遭難したら、救助が来るまでじっと待つ(どの時点で救助要請すべきかの判断は重要)。これが必須条件としている。最後に、山で生き延びるには、何をおいても遭難しないことであるとまとめる。(N)


関連記事
今年は大学山岳部の遭難多発 (12月15日)
妙高のバックカントリー2人不明 (01月03日)
不可解な志賀高原の落石事故 (07月23日)
硫黄岳で男性が不可解な滑落死 (05月21日)
鳥甲山の山スキーで遭難 (03月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):