本日 249 人 - 昨日 1856 人 - 累計 4457684 人
  • 記事検索

RSS

信州で2人死亡1人けが

 長野県内の北アルプスや八ヶ岳で遭難事故が発生し、2人が死亡し1人がけがを負いました。

 3月17日、北アルプス唐松岳で登山中に行方不明となっていた40代の男性2人が、18日に1人が救助され、19日に残る1人が救助さましたが死亡が確認された。

 2人は、15日から2泊3日の予定で入山し、テントごと風に吹き飛ばされ、雪洞をほってビバークし救助をまっていたもの。

 死亡したのは東京都の40代男性、救助された男性のけがの程度は軽い。

 3月19日、八ヶ岳連峰の赤岳を下山中の神奈川県の50代男性が200m滑落。長野県警のヘリで救助されましたが死亡が確認された。
 男性は、仲間と2人で18日に入山していた。

 亡くなられた2人のご冥福をお祈りします。

関連記事
NO IMAGE
餓鬼岳で男性遭難か (06月21日)

コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):