本日 550 人 - 昨日 2460 人 - 累計 4149345 人
  • 記事検索

RSS

お見舞い申し上げます

 このたびの台風19号により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 10月12日から13日にかけて上陸した台風19号は、関東から東北にかけて記録的な大雨をもたらし、各地に甚大な被害をもたらしました。

 長野県では、千曲川の決壊などにより、死者行方不明4名、重軽傷者116名、住家被害9千世帯を超えの甚大な被害となりました。

 避難所などにまだ1千名近い避難者が避難生活をしています。心からお見舞い申し上げるます。

 水に浸かった家の掃除は大変です。泥まみれの家を片付ける住民には悲壮感も漂います。

 私は、11日夜神戸で人と会い、翌朝4時半にホテルを出て、各駅停車で新大阪へ、新大阪から名古屋までこの日最終の新幹線6時23分発に乗り、8時名古屋発長野行のしなので長野に戻れました。
 その後は、ご存じのとおり、県内の全線で運転見合わせとなってしまいました。
 帰れてよかったですが、その後は、不眠不休で災害対応をしておりました。まだまだ対応は続きます。


 なお、こんな時でも山に登り救助要請をしている者もいました。
 13日、長野県の大川入山において、53歳の女性が足首を負傷して行動不能となり消防に救助要請。県内は、水害の対応でてんやわんやしている最中に消防に救助要請をしたらしい。


コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):