本日 776 人 - 昨日 2985 人 - 累計 4164879 人
  • 記事検索

RSS

夏山遭難606件死者不明54人

 全国の夏山で発生した山岳遭難件数は606件で、遭難者は669人だったことがわかりました。

 警察庁は、全国の夏山(7~8月)で発生した山岳遭難状況について発表した。

 それによると、
 山岳遭難件数が606件、遭難者数は669人だった。いずれも昨年より減少した。

 遭難者のうち死者行方不明者は54人となっている。

 遭難件数が昨年より減少したのは、夏期の天候不良が原因していると思われる。

 なお、全国で一番遭難者が多かったのは長野県で106人となっている。


コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):