本日 1471 人 - 昨日 3661 人 - 累計 3959890 人
  • 記事検索

RSS

浅間山噴火警戒レベル「2」に引下げ

 浅間山の噴火警戒レベルが「2」に引き下げられました。

 気象庁は、本日(8/19)午前11時に、浅間山の噴火警戒レベルを「3」から「2」へ引引き下げると発表した。
 
 それによると、8月7日以降噴火は発生しておらず、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量や地殻変動に新たなマグマ上昇を示す変化は認められていないことから、現時点では、山頂火口から概ね2㎞を超える範囲に影響を及ぼす中規模な噴火が発生する可能性は低いとした。

 一方で、小規模な噴火が発生したことを踏まえると、当面は小規模な噴火が発生する可能性があることから、噴火警戒レベルは「2」とした。

 今後は、山頂火口から概ね2㎞の範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒が必要で、地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないよう指摘。

 また、今回、噴火警戒レベルの判定基準も改定された。
 今後は、小規模な噴火が発生した場合には、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量の増加や山体の膨張を示す地殻変動などの火山活動の高まりの有無を踏まえ噴火警戒レベルを判断するとした。

 詳細は、気象庁のホームページで確認するとともに、登山の際は最新の情報に注意のこと。


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):