本日 2448 人 - 昨日 2059 人 - 累計 4205552 人
  • 記事検索

RSS

北アの遺体は行方不明の神奈川の男性か

 北アルプスの蝶ヶ岳と常念岳の間の登山道下の斜面で遺体が見つかりました。

 8月10日、北アルプスの蝶ヶ岳と常念岳の間の登山道の下の斜面で倒れている遺体が、長野県警により発見された。

 遺体は、先月31日に単独で入山し大天井岳から長塀岳に向かったとみられていた神奈川県の40代の男性の可能性が高い。


コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):