本日 556 人 - 昨日 2741 人 - 累計 4076804 人
  • 記事検索

RSS

学校登山御嶽山や奥穂高岳

 長野県内学校登山シーズンとなっています。

 噴火災害のあった御嶽山へは、地元の中学校が5年ぶりに学校登山を再開。また、穂高連峰の地元の中学校は奥穂高岳へ学校登山を行った。

 長野県で学校登山を行うのは当たり前の光景である。

 以前、秘密のケンミンショーでも取り上げられたことがある。長野県内の中学校では、87%の学校で学校登山が行われている。(H25長野県山岳総合センターの調査より)

 山別では、硫黄岳、乗鞍岳、唐松岳、西駒ヶ岳、燕岳の順となっている。
 8割の学校が中学校2年で行っている。

 登山には、山岳ガイドや看護師などを同行させ、遭難騒ぎにならないように配慮している。中には、消防に同行を求めている学校もある。実際、病気やけがでお世話になることも多いのが現状。

 山岳県信州として、学校登山は続けてい欲しい。そのため、安全登山のための事前学習をしっかり行い、山の素晴らしさを教えてほしいものだ。

 


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):