本日 649 人 - 昨日 3041 人 - 累計 3710539 人
  • 記事検索

RSS

H30山岳遭難過去最高

 平成30年中の全国の山岳遭難発生状況について警察庁が公表しました。それによると山岳遭難発生件数2,661件で過去最高となったことがわかりました。

 6月13日、警察庁は「平成30年における山岳遭難の概況」を公表した。

 それによると、山岳遭難発生件数は2,661件(前年対比+78件)、遭難者数3,129人(前年対比+18人)で統計の残る昭和36年以降最も高い数値となった。

 死者・行方不明者は342人(前年対比-12人)、負傷者1,201人(前年対比-7人)だった。

 都道府県別では、長野県297件で断トツトップ、次いで北海道201件、東京都147件。


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):