本日 449 人 - 昨日 2506 人 - 累計 4141827 人
  • 記事検索

RSS

消火活動中に消防隊員滑落死

 山林火災の消火活動をしていた消防隊員が滑落し亡くなりました。

 5月26日、和歌山県かつらぎ町の山林で、山林火災の消火活動をしていた消防隊員の40代男性が斜面を滑落。消防隊員はヘリコプターで病院へ搬送されたが死亡が確認された。

 火災の出火原因はたき火が原因だという。よくあることでは済まされない。こんな不注意なたき火から山林火災となり、消火活動中に殉職するとは、やり切れない事故だ。

 空気が乾燥しているとき、風が強いときは、たき火は止めよう、と言っても、相次ぎ火災は発生している。失火による火災は厳罰化の検討が必要ではないだろうか。


コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):