本日 2700 人 - 昨日 2172 人 - 累計 4200802 人
  • 記事検索

RSS

亡くなったのは登山家沢田さん

 ロシア極東カムチャツカ半島の火山で登山中に滑落し亡くなったのは、登山家の沢田実さんということがわかりました。

 5月17日、極東ロシアのカメニ火山(標高約4,600m)で登山中、滑落し登山家の沢田実さんが亡くなりました。

 同行の2人の日本人は無事という事です。

 沢田さんらは、5月10日にカムチャツカに行き、カメニ火山に登山後、6月1日に帰国予定だったということです。

 沢田さんは1968年生まれ。愛知県出身。北海道大で探検部に所属。卒業後、山小屋やスキー場、窓拭きのアルバイトなどをしながら、岩登り、沢登り、冬壁、山スキー、ヒマラヤ登山まで、オールラウンドな登山を実践。ナンガパルバット、チョモランマなどに登頂。2004年4月スペイン山岳スキー競技世界選手権参加。厳冬期単独黒部横断、称名滝完登、黒部スキーワンデイ横断(11時間18分)などの功績がある。

 2004年~2014年までカモシカスポーツ勤務していたとのこと。
 現在は山岳ガイドとして活動中、日本山岳・スポーツクライミング協会の国際委員長などを務めていたとのことです。
 
 沢田さんのご冥福をお祈りします。


コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):