本日 460 人 - 昨日 2943 人 - 累計 4201505 人
  • 記事検索

RSS

警察官アイスクライミング中滑落

 警察官が荒船山でアイスクライミング中に滑落し重傷を負っていたことがわかりました。

 2月10日、群馬県下仁田の荒船山でアイスクライミングをしていた警視庁の30代の警察官が、約15m滑落し腰の骨を折る重傷を負っていた。

 警察官は、仲間4人で船山山の相沢奥壁氷瀑群でアイスクライミングをしていて、ザイルが外れてしまったようだ。

 警察官は、山梨県防災ヘリに救助され病院に搬送された。現在、群馬県は消防防災ヘリを事故で失っているほか、群馬県警ヘリでは救助能力が低いため、山岳救助を行える県のヘリがない。

関連記事
NO IMAGE
連休山岳遭難相次ぐ (08月13日)
NO IMAGE
恵那山で男性病死か (10月28日)

コメント
name.. :記憶
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):