本日 1624 人 - 昨日 2737 人 - 累計 3550007 人
  • 記事検索

RSS

スキー滑走中は上方滑走者に回避義務

 スキー滑走中には、上方から滑走してきた者に注意義務あり

 皆さんの中には、スキー場でスキーヤー同士が滑走中に衝突する場面を見かけた方もいるだろう。

 衝突事故により双方又はどちらかが負傷することもある。過去には死亡事故も発生している。

 滑走中の衝突事故は、その責任を争い、損害賠償請求されることがある。このような場合、どちらの過失が認められるのか、過去にもいくつかの訴訟がおきているが、その判例となる事件がある。

 北海道のニセコで、平成3年3月10日、スキー滑走中の20代主婦と男子大学生の衝突事故が発生した。
 両者ともスキー技術は上級者であったが衝突は回避できず、主婦が転倒し負傷し、損害賠償請求を提訴したもの。

 この裁判は最高裁まで争われ、平成7年3月10日、最高裁第二小法廷は次のとおり判決を下した。

 スキー場において上方から滑降する者は、前方を注視し、下方を滑降している者の動静に注意して、その者との接触ないし衝突を回避することができるように速度及び進路を選択して滑走すべき注意義務を負うというもの

 この判例は、スキーであろうとスノーボードであろうと関係ありません。上方から滑走する際には、十分注意し滑走しなければなりません。スピードコントロールも技術の一つです。自分の技量にあったスピードで滑走しましょう。暴走はいけません!

コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):