本日 2493 人 - 昨日 9115 人 - 累計 3839839 人
  • 記事検索

RSS

谷川岳雪崩事故の続報

 1人が死亡した谷川岳雪崩事故の状況がわかってきました。

 雪崩ネットワークによると、

 谷川岳熊穴沢雪崩は、2019年1月26日、3人グループが山スキーをしていたところ、13時50分頃雪崩が発生し一人が巻き込まれた。

 巻き込まれた男性は、深さ250 cmに埋没した。雪崩ビーコンは所持していなかった。

 埋没者の発見は、二日後の28日に7名で約2時間かけたプローブラインによる捜索によるものとわかった。
  
 雪崩は、点発生乾雪表層雪崩でサイズは「2」と推定された。

 26日は昼前から時間降雪2-5cm(平均して3cm以上)の降雪が続いており、谷川岳の現場近隣斜面にて、スラフおよびサイズ1-1.5の点発生雪崩が人の刺激に対して敏感に反応している報告が「雪の掲示板」に複数投稿されており、かつまた旧雪内に顕著な脆弱性も観察報告されていない状況証拠から、被害をもたらした雪崩は点発生雪崩と推定したとのこと。

関連記事
NO IMAGE
富士山に男性の遺体 (09月15日)

コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):