本日 2436 人 - 昨日 3097 人 - 累計 3556878 人
  • 記事検索

RSS

北ア剱岳登山の2人6日ぶりに救助

 北アルプス剱岳を目指し遭難した男性2人が6日ぶりに救助されました。

 12月31日、北アルプスの剱岳を目指し遭難した男性2人が、6日ぶりに無事救助され生還した。

 2人は、兵庫県の50代と茨城県の20代で、12月23日に入山し12月30日に下山する予定だったが、50代の男性が凍傷で行動不能になり、25日に救助要請した。

 悪天候でヘリも飛ばせず、また地上部隊も近づけず救助活動は難航していた。2人は、池ノ平山(標高2,561m)の「大窓の頭」付近で雪洞を掘って救助を待っていた。幸い食料を余分に持っていたことが6日も耐えることができたのかもしれない。

 50代の男性が両足の指に凍傷を負っているが、2人とも命に別条はないという。

 遭難したことは残念だが、しっかりと準備をしていたこと、知識、冷静な行動が生還に繋がったのではないか。本当に無事生還され良かった。

コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):