本日 1000 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3365944 人
  • 記事検索

RSS

大雪ピークは過ぎたか

DSC_0001 今冬最初の寒波による降雪はピークは越えたようだが降雪は明日まで続く。

 長野地方気象台の「大雪に関する長野県気象情報」もすでに第7号が発表された。

 それによると、

 日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、長野県の上空にはこの冬一番
の寒気が流れ込んでいる。

 北部の山沿いと中野飯山地域では、29日夕方まで、大雪や路面の凍結による交通障害に警戒が必要。

 上空約1500mには、氷点下9度以下の、この冬一番の寒気が流れ込んでいる。
 このため、北部では、山沿いと中野飯山地域を中心に断続的に雪が強く降り、29日を中心に30日にかけて大雪となる見込み。また、上田地域の菅平周辺では29日夕方まで大雪となる見込みだと言う。

 17時06分には、長野県内長野、大北地域に出されていた大雪警報は解除され、中野飯山地域は継続されているが、雪のピークは過ぎたという事だろう。

 今回出された警報も通常の警報どまりで、最初の寒波ということで報道が騒ぎすぎた感がある。

 県内で16時までの24時間で降雪が30センチを超えたのは飯山の31センチのみだった。


※冒頭の写真は資料画像。長野県北部地域の標高600m付近の30年12月29日10時頃撮影。積雪は5センチに満たない。


関連記事
悲願 「上伊那広域消防」本部誕生 (10月27日)
浅間山大噴火 生死を分けた15段 (06月12日)
御嶽山噴火災害対策本部は廃止 (11月08日)
口永良部噴火 犠牲者0の影に消防団が (06月08日)
低温雪風の影響が出ています (05月04日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):