本日 5308 人 - 昨日 3844 人 - 累計 3821265 人
  • 記事検索

RSS

向こう三カ月気温高め?

 関東甲信地方、向こう三カ月の天候は、気温が高め、降水量は多めか。

 12月25日、気象庁が発表した関東甲信地方の予想される向こう3か月の天候は、次のとおり

 この期間の平均気温は、平年並または高い確率ともに40%。降水量は、平年並または多い確率ともに40%。

 1月 平年と同様に晴れの日が多い。気温は、平年並または高い確率ともに40%。

 2月 平年に比べ晴れの日が少ない。気温は、平年並または高い確率ともに40%。降水量は、平年並または多い確率ともに40%。

 3月 天気は数日の周期で変わり、平年に比べ晴れの日が少ない。気温は、平年並または高い確率ともに40%。降水量は、平年並または多い確率ともに40%。

 このような予報となっているが、当初の予報どおり暖冬の傾向のようだ。しかし、暖冬ということと雪が少ないということは必ずしも一致しない。

 雪になるための気温にさえなれば降雪となる。降水量が多いとの予報がちょっと気になるところだ。

 今朝は天気予報どおり厳しい冷え込みとなった。朝6時半の車の温度計が氷点下6度を示していた。ウォッシャー液も寒冷地用でないと凍結してしまう。

 これからさらに冷え込むというが、どうなるか。十分ご注意を。


コメント
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):