本日 1000 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3365944 人
  • 記事検索

RSS

中ア サギダル尾根情報

サギダル尾根IMGP2867 中央アルプスのサギダル尾根ルートは雪が少ないため、植生への影響が懸念され、入山を控えてほしいとのことです。

 中央アルプス地区山岳遭難防止対策協会によると、千畳敷からサギダル尾根ルートを登る計画の方へ、まだ付近の積雪が少ないため、このルートに雪がついていないため、植生への影響の懸念がある。

 よって、植生への影響も懸念されるので、もう少し雪が着くまではサギダル尾根は入山を控えてほしいと呼び掛けている。

 自然の保護には十分注意しましょう。安全な歩行にも雪があった方がいいでしょう。


 冒頭の写真は、2014年2月11日撮影のサギダル尾根。


関連記事
写真展「八ヶ岳」開催中 (02月14日)
夫婦遭難の英彦山が国史跡に (11月19日)
「西駒ヶ岳」って、どこ? (02月29日)
聖岳への林道全面通行止続く (07月23日)
熊大量出没の可能性低い (09月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):