本日 196 人 - 昨日 3884 人 - 累計 3380258 人
  • 記事検索

RSS

苗場山遭難に思うこと

 日本百名山「苗場山」で今月初め2人が遭難する事案が発生しています。

 12月1日、苗場山の長野県側で20代の男性2人が道迷い遭難をした。

 2人は、長野県栄村へ通じる小赤沢ルートを下山中に道に迷ったようで、当時は多少の積雪があり、登山道の分岐を間違えたと考えられる。

 この時期、夏道が落ち葉に覆われたり、積雪により道が分からなくなり、分岐などで方向を誤ることがある。十分に注意してほしいところである。

 苗場山周辺では、今秋、キノコ採り遭難で男性2人が亡くなっている。


関連記事
穂高岳山荘小屋番宮田さん未だ不明 (05月20日)
北岳遭難男性は長野県警が収容 (11月15日)
年末年始信州周辺で11件の遭難事故 (01月04日)
爺ヶ岳で滑落の夫婦を救助 (05月08日)
富士山救助落下の遺族敗訴 (12月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):