本日 274 人 - 昨日 2828 人 - 累計 3362456 人
  • 記事検索

RSS

平成30年夏富士山登山者数

 平成30年夏期の富士山登山者数は、約20万8千人だったということです。

 環境省では、富士山の4つの登山道の8合目付近に赤外線カウンターを設置し、登山者数を計測していましたが、その計測結果は、開山日~9月10日の間で、トータル約20万8千人だった。

 登山道別では、全体の72%が吉田ルートで約15万人となっている。

 日別では、4ルートの合計が7,656人だった7月15日(日)が最大だった。

 時間帯別登山者数では、時間によって登山者数激しく変動するようで、最大が夕方15時~17時頃、次が深夜23時~翌1時頃、そして朝9時前後となっている。
 15時過ぎの時間帯は、通常の3倍近い登山者が集中する。(いずれも8合目付近)

 この結果は、朝のピークは、主に8合目より下の山小屋で宿泊した登山者や、早朝からの日帰り登山者であると推測され、夕方のピークは、主に8合目以上の山小屋で宿泊する登山者であると推測され、さらに深夜のピークは、主に山頂で御来光を見る登山者であると推測されるという。

 来年の登山計画の参考にしたいところ。


関連記事
「ココヘリ」は捜索活動を変えるか (07月11日)
「西駒山荘」のオープンは (04月30日)
講座「小屋泊の雪山・はじめの一歩」締切迫る (05月13日)
浅間山噴煙やや多いか (10月13日)
白馬三山真っ白 (11月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):