本日 643 人 - 昨日 3970 人 - 累計 2896574 人
  • 記事検索

RSS

クマ大量出没の可能性低い

 信州では熊の大量出没の可能性は低いとの予測。

 長野県は、この秋の熊の出没予測を発表した。

 それによると、地点差があるものの、一定程度の結実が見られることから、クマの大量出没の可能性は低いとした。

 ただし、全体に地点ごと、単木ごとのばらつきが大きく、クマの行動範囲が広範に及ぶ可能性があり、キノコ狩りなどで入山する場合は、遭遇の危険があるので注意が必要とのこと。

 ナラ類の着果量が少ない浅間山麓、木曽地域では、森林に近い農地周辺などで里地のカキやクリなどを求めて出没が増える可能性があるという。

 いずれにしても、熊の好物があるところに熊はいます。十分注意してください。


関連記事
通訳できるガイド養成へ (03月09日)
アルペンルート長野県民感謝月間 (09月16日)
木曽に御嶽山名大研究施設を (11月16日)
中ア駒ヶ岳ロープウェイ終日運休 (09月19日)
御嶽山の入山規制緩和 (06月09日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):