本日 678 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3177159 人
  • 記事検索

RSS

富士山でブラジル人死亡

 富士山でブラジル人の男性の登山者が死亡しました。

 9月9日、富士山を登山中のブラジル人の40代男性が、7合目付近で低体温症の疑いで亡くなった。

 男性は、9日午前6時前、富士山の7合目付近で、動けなくなっているところを、別の登山者により通報され救助されたが、約3時間後に死亡した。

 男性は、前夜から妻とその友人の3人で登山中、足を負傷しはぐれてしまったという。

 当時富士山は、雨が降っていたうえ、男性は軽装だったようだ。

 男性のご冥福をお祈りします。


関連記事
信州9月の山岳遭難10名死亡 (10月11日)
四阿山で疲労遭難 (01月06日)
奥穂高岳で高齢男性滑落 (07月29日)
恵那山で男性病死か (10月28日)
御嶽山捜索 明日調査隊派遣 (06月09日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):