本日 2187 人 - 昨日 3438 人 - 累計 3378365 人
  • 記事検索

RSS

ネパールヘリ事故神大関係者搭乗か

 ネパールで墜落したヘリコプターに、神奈川大学山岳会のメンバーが搭乗していた可能性があります。

 9月8日、ネパールのカトマンズ近郊でヘリコプターが墜落し、乗っていた7名のうち5名が死亡、1名が不明、1名が救助された。

 死亡した5名のうち1人は日本人男性と思われ、さらに男性は神奈川大学学士山岳会ヒマラヤ遠征隊のメンバーの可能性がある。

 現地の報道によると、墜落したヘリコプターには乗客6人と操縦士1名が乗っていたとみられる。搭乗者名簿に日本人男性の名前がある。

 名簿にある男性は、神奈川大学学士会山岳会ヒマラヤ遠征隊のメンバーで、高山病の治療のため、ヘリでカトマンズに向かうことになっていた男性と同名だという。


関連記事
先週も中アで滑落事故 (03月30日)
中央アルプス遭難発生状況 (03月05日)
立山で遭難女性が金沢で観光していた (04月29日)
白馬の遺体の身元判明 (03月19日)
残雪で滑落続く (07月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):