本日 2653 人 - 昨日 2827 人 - 累計 3012367 人
  • 記事検索

RSS

御嶽山山頂立入り規制解除へ

 御嶽山の山頂への立入り規制が、早ければ今月中に解除されることが分かりました。解除となれば噴火以来4年ぶりとなる。

 御嶽山は平成26年の噴火災害以来、山頂への立入りは規制されてきましたが、このほど地元の木曽町は、今月26日にも、入山規制を解除する方向で検討している。

 御嶽山が噴火したのは4年前の10月27日、解除となれば4年ぶりとなる。慰霊登山も可能となる。

 木曽町では、山頂付近にシェルター3基を設置するなど、安全対策を講じて、噴火から登山者も守るための対策が進んだことが解除の理由。

 しかしながら、御嶽山は活火山であることに間違いなく、噴火災害前も噴火警戒レベル1であったことを忘れてはいけない。


関連記事
春の火災予防運動始まる (03月01日)
長野県北部で震度6弱 (11月22日)
嵐が去りました (05月04日)
志賀草津道路4月20日開通 (03月25日)
春期における雪崩に関する注意事項 (04月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):