本日 193 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3074784 人
  • 記事検索

RSS

北ア西穂で男性滑落

 北アルプスの西穂高岳で、男性が滑落し心肺停止も救助できず。

 8月11日、北アルプスの西穂高岳で、ツアー登山に参加していた埼玉県の60代男性が、稜線から岐阜県側に滑落した。

 男性は、心肺亭状態で見つかったが、救助できていないという。
 
 滑落は、7峰と8峰の間の稜線から、およそ120m落ちたようだ。

 ツアーは、50代から70代の男女11人が参加し、山岳ガイド2人と添乗員が付き添っていたという。
 
 また、ツアー登山で死者が出てしまった。ツアーに参加する目的は、安全に登山をしたいという理由が一番だと思うが、なぜこのような事故が起きてしまったのか。滑落の状況が分かっていませんが、明らかになることを願うものです。
 

 


関連記事
野沢温泉スキー場で窒息死 (12月28日)
奥穂ジャンダルムで男性滑落 (09月15日)
爺ヶ岳で男性病死 (07月30日)
活火山「浅間山」開山 (05月11日)
韓国人対馬で遭難 (07月24日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):