本日 1604 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3178085 人
  • 記事検索

RSS

奈良県広域消防本部に山岳救助隊を創設

 奈良県広域消防組合は、山岳遭難に対応する部隊として山岳救助隊を創設しました。

 奈良県広域消防組合は、奈良県下37市町村を管轄区域とし、管轄人口は90万の全国最大規模の消防組合です。

 同組合では、増加する山岳遭難に対応するため、この頃、山岳救助隊を創設した。

 新たに発足した山岳救助隊は、管内の4つの消防署から選抜され25人の隊員で編成された。隊員は、普段は通常の勤務を行い、山岳遭難が発生し出動要請があった際に召集される。

 専任部隊ではないが、消防本部の規模が大きくなれば、このような対応も可能となる。
 他の地域においても、さらなる消防の広域化により、消防力が強化されることを願いたい。

 奈良県広域消防組合山岳救助隊の活躍を期待します。


関連記事
草津白根山噴火警戒レベル引き下げ (09月21日)
山岳エリア雪崩の危険性 (02月18日)
雪未だ降り止やまず 警報発令中 (02月20日)
焼岳に臨時火山情報 (08月10日)
続:未だ飯田を動けず (02月15日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):