本日 509 人 - 昨日 4051 人 - 累計 2883369 人
  • 記事検索

RSS

北鎌尾根の男性の死因判明

北アルプス槍ヶ岳の北鎌尾根で亡くなった男性の死因は、低体温症だったことがわかりました。

北鎌尾根平付近で心肺停止の状態で見つかり、その後死亡が確認された男性の身元、死因が判明しました。

亡くなったのは、栃木県の60代男性で、単独で入山し遭難したようで、死因は低体温症だった。

発見されたのは救助される2日前だった。天候がよく、ヘリが飛べれば、助かった可能性もあるが残念な結果となった。

改めて、男性のご冥福をお祈りします。


関連記事
積丹岳遭難救助事故裁判の弁護士の主張 (12月25日)
鳥海山13人遭難騒ぎ (08月07日)
阿弥陀岳滑落遭難事故 3報 (03月25日)
唐松岳の滑落男性救出 (03月21日)
山梨三ツ峠山の男子高校生救助 (08月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):