本日 2804 人 - 昨日 6138 人 - 累計 2593330 人
  • 記事検索

RSS

64年前の遭難者の遺体発見

 アルプス山脈で見つかったスキーヤーの遺体は、64年前に遭難した男性とわかった。

 2005年、イタリア北西部のスイス国境近くの標高3000mの山中で、男性の遺体とスキー用具が見つかったが、身元は分からなかった。
 
 その後、DNA技術の進歩とソーシャルメディアを通じた情報提供でにより、身元がわかったという。

 これは、フランス人の女性から寄せられた「自身のおじが1954年に悪天候のアルプスで遭難した」とのコメントから、この女性の95歳の父親からDNAを採取し遺体と照合したところ、女性のおじの男性とわかったという。

 科学の進歩はこういうことも実現するということ。

 なお、男性は鋳造年代が1946~50年の硬貨を所持していたという。スキー用具も当時のものということでしょう。


関連記事
南ア北部遭対協隊員はほとんどが市職員 (06月10日)
休憩中に食べ物を詰まらせ救助要請 (08月03日)
涸沢岳で男性滑落か (10月12日)
秋田でまた人食い熊か遺体発見 (06月25日)
7月の遭難43件で平年並み (08月03日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):