本日 2040 人 - 昨日 2665 人 - 累計 3369649 人
  • 記事検索

RSS

北ア北鎌尾根で男性死亡

 北アルプス槍ケ岳の北鎌尾根で、倒れていた男性を長野県警のヘリが収容したが、その後死亡が確認されました。

 7月30日、北アルプス槍ケ岳の北鎌尾根で、心肺停止状態で倒れていた男性を捜索中の県警ヘリが救助した。男性はその後死亡が確認された。

 男性は、7月28日、通りかかった登山者により発見されたときは意識があったが、悪天候で県警山岳救助隊が現場に近づけなかったという。台風12号が県内に最接近していた週末では、地上からの救助も難しかったのでしょう。

 男性の身元や死因は調査中とのこと。

 ご冥福をお祈りします。


関連記事
立山で雪崩遭難 (11月23日)
韓国人が奥穂で負傷ほか2件の遭難 (06月09日)
湯俣川遭難は台風災害ではない! (09月21日)
北海道スノボの中国人研究生遭難 (01月13日)
学習院大しっかり遭難事故を検証すると (02月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):