本日 2801 人 - 昨日 6138 人 - 累計 2593327 人
  • 記事検索

RSS

台風で山小屋の屋根飛ぶ

 台風12号の影響で、白馬岳頂上宿舎の屋根の一部が飛ばされました。

 宿舎によると、

 7月28日の台風の影響により、白馬岳頂上宿舎の屋根の一部が飛ばされてしまい、客室のうち一部の個室が使えない状況となってしまっという。

 このため、現在使用できる個室は10部屋程度となっているようだ。

 現時点で、復旧の目処は立っていないという。

 大部屋は問題なくご利用できるというので一安心ですが、やはり個室がいいですよね。 


関連記事
震災復興住宅で雪の下敷きになり亡くなる (12月21日)
長野県消防救助技術大会が開催される (06月17日)
長野県内火災発生件数減少 (03月14日)
御嶽山の警戒区域変更 (11月19日)
長野県消防ヘリ一部活動再開 (05月07日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):