本日 161 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3074752 人
  • 記事検索

RSS

海外で日本人遭難相次ぐ

 今月、海外の山で、日本人の遭難が相次いで発生し、2人が亡くなりました。

 7月14日、スイスのマッターホルンを登山していた60代の日本人男性が、標高4100mの尾根で倒れているところを、通りがかったガイドに発見されました。

 ドクターヘリが現地に駆けつけましたが、その場で死亡が確認されたということです。

 
 また、7月25日、世界第2位の標高を誇るK2(標高8611m)の登頂に成功した日本の「北日本海外登山研究会」の登山隊メンバー6人のうち、宮城県の40代男性が下山中に滑落し、死亡したとみられることがわかった。

 「北日本海外登山研究会」は、福島県の登山隊で、7月22日、登頂を果たし、下山途中の標高8300m付近で男性が滑落したという。

 他のメンバーは24日までにベースキャンプに帰還している。

 この二つの遭難は、山の難易度や目的は違うかもしれませんが、残念なことです。

 お二人のご冥福をお祈りします。


関連記事
野沢バックカントリーで外国人死亡 (03月21日)
甲斐駒ヶ岳で寝袋に遺体 (05月19日)
いつまで続く野沢の遭難 (02月03日)
槍ヶ岳で医学部教授が死亡 (05月31日)
焼岳で男性病死か (07月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):